1. Top>
  2. 実績>
  3. ガス・原油処理プラント(ワファ地区)

石油・ガス・資源開発

ガス・原油処理プラント(ワファ地区)

Featured Project


ウエスタン・リビア・ガスプロジェクトは、イタリアENI社グループとリビア国営石油公社によって実施されたリビアでのガス・原油処理プラント建設プロジェクトで、生産される天然ガス、NGLを陸上および海底パイプラインでヨーロッパまで送り出す巨大プロジェクトです。本プラントの建設地は、トリポリから約600km内陸部にあるワファ地区と地中海沿岸のメリタ地区の2ヵ所からなり、2001年に当社、伊テクニモント社、仏ソフレガス社とのジョイントベンチャーで受注しました。当社は、プロジェクトの最も上流部となるワファ地区のガス・NGL処理プラントを担当しました。この案件は日本企業がリビアの内陸部で手掛けた初めての設計・調達・建設(EPC)案件ですが、当社の数あるプロジェクト実績の中でも極めて僻地に位置するプロジェクトとなりました。

建設地である内陸の砂漠地帯はまさに「鳥も通わぬ陸の孤島」。同国全体で輸送インフラが整備されていないため、プロジェクトは仮設道路の建設から開始しましたが内陸部への資機材等の輸送は困難を極めました。気象環境も過酷を極め、さらに2003年にアジア地域を襲ったSARSの影響でアジア人労働者の入国が2ヶ月にわたって拒否されるなど、様々な困難に直面しましたが、当社が得意とする緻密で効率的な工程管理を駆使し、この遅れを最小限度に止めました。

このように数々の苦境に立たされながらも、それらを克服し契約納期通りにプラントを完成させ、2004年10月にイタリアにガスを出荷することができました。極めて劣悪な環境にあっても、当社の誇る高いプロジェクト遂行能力が如何なく発揮されたプロジェクトであり、顧客から高い評価を得ることができました。このプロジェクトの成功は、リビア経済の発展に貢献したのみならず、リビアを始めイタリア、フランスとの国際協力に寄与しました。

顧客名 ENI Gas B.V. Libyan Branch(リビア国営石油公社)
場所 リビア国ワファ地区
完工年 2004年
役務範囲 EPC
キャパシティ 280 MMSCFD × 2

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。