1. Top>
  2. 事業情報>
  3. 医薬品・研究所>
  4. 製剤プラント

原薬プラント

リスクを見える化したエンジニアリング手法による製剤プラントの実現

日揮(JGC)は、リーディングカンパニーとして、製剤工場の設計から建設、クオリフィケーションに至るまで高度なエンジニアリングを提供します。製剤工場における製造作業はもとより、清掃、洗浄、搬送などの様々な具体的作業を理解し、お客様のご要望を“GMP”と“効率”に着目して設計に反映します。そして当社が保有する技術のみならず、国内外から独自に入手する最新の技術的知見も加味したうえで、世界の最新GMPに適したプラントを実現します。

あらゆる剤形(注射剤、経口剤、点眼薬、貼付剤、塗布剤など)に対して、豊富な知見・経験に基づくリスクアセスメントや費用対効果の分析技術などを駆使することで、今後も当社はリスクを見える化したエンジニアリング手法により、お客様のニーズに応えた最適な製剤工場を提供していきます。

主な実績

関連技術・サービス

搬送技術
建築技術
海外支援

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。