1. Top>
  2. 事業情報>
  3. 医薬品・研究所>
  4. 単一熱冷媒システム

単一熱冷媒システム

広範な温度範囲かつ高精度な温度制御を実現する単一熱冷媒システム

医薬品原薬および中間体の製造設備は、多くの場合、多品目製造の対応が求められ、反応・濃縮・晶析などの各製造工程において広範な温度制御範囲が必要となります。また、反応の際の副生成物発生を抑える方法として、超低温領域における反応操作や晶析操作が必要となるケースもあります。このような温度制御範囲では、ブライン、温水、蒸気などの複数の熱冷媒体を組み合せて使用している場合が多いのですが、日揮(JGC)の単一熱冷媒システム(Flexthermo®システム)は、超低温領域を含む医薬品製造のすべての温度条件において、1つの熱冷媒体にて対応することが可能です。

単一熱冷媒として採用するシリコーンオイルは、当社開発品の商品名JS120とJS60の2種類があり、温度範囲によって選定されます。-40℃以上での使用条件であれば、消防法上で指定可燃物(非危険物)に分類されるJS60が取扱い易く、JS120は更に温度範囲を広く取ることができ、-80~140℃の広い範囲で使用できます。

当社では、本シリコーンオイルをリーズナブルな価格で提供することができ、加えて当社が提供するモデル予測制御との組み合わせにより、広範囲な温度かつ高精度な温度制御を実現します。当社は、本システムを使用した温度制御装置に関して、特許権を取得しています。

単一熱冷媒システムの温度制御範囲

単一熱冷媒システムの利点とフロー図

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。