1. Top>
  2. 事業情報>
  3. 医薬品・研究所>
  4. モジュール工法

モジュール工法

短納期を実現するモジュール工法

計画されたプラントを1日でも早く完成させて稼働したいというお客様のニーズに応えるため、日揮(JGC)は工期を大幅に短縮することを可能とするモジュール工法を適用します。

モジュール工法とは、プレファブ工場で機器、配管ユニット、架台の事前組立、検査の一部を行ってから建築建屋にセットで搬入・据付する工法です。通常の工法では、建築の鉄骨組立、外装、内装工事が進んだ後に機器や設備の搬入、接続配管やケーブルの敷設という順番になるため、建築工事から機器・設備工事までのステップを踏んだ工程を考慮しなければなりません。モジュール工法では建築工事と並行して設備製作を進めることができるため、機器・設備に関わる現場工事期間の大幅な短縮を図り、短納期を実現します。

廃液処理槽廻りのモジュール例
廃液処理槽廻りのモジュール例

バッファー貯槽廻りのモジュール例
バッファー貯槽廻りのモジュール例

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。