1. Top>
  2. 事業情報>
  3. 医薬品・研究所>
  4. GMP対応エンジニアリング

GMP対応エンジニアリング

サイエンスとリスクに基づいたGMP対応

GMP対応とは、「医薬品などの製造における品質の確保」を目的とした「製品の安全性・有効性を科学的根拠に基づいて恒常的に検証できるシステムの構築」を行うことであり、構造設備に関するハード要件、運用手順などのソフト要件およびこれらの成立を検証するクオリフィケーション活動から構成されています。適切なGMP対応を図るためには、医薬品工場の建設においてサイエンスとリスクに基づいたGMP対応設計とクオリフィケーションの実施および適切な文書化が求められます。日揮(JGC)は、リスクアセスメント技術を含むGMP対応エンジニアリング要素技術、医薬品工場建設の豊富な経験と実績およびグローバルなGMP情報ネットワークにより、サイエンスとリスクに基づく確実なGMP対応の医薬品工場を実現します。また、GMP対応ソフトビジネスとして、工場診断や模擬査察なども実施します。

合理的・高効率な医薬品工場の早期実現

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。