1. Top>
  2. 事業情報>
  3. 医薬品・研究所>
  4. 原薬プラント

原薬プラント

基本構想からクオリフィケーションまでの一貫したエンジニアリング

医薬品原薬プラントの建設においては、GMP関連法規および危険物などの一般法規を遵守し、更に対象のプラントに要求される様々な要素技術を適切に組み合わせ、本格稼働に到達するまでの様々なエンジニアリングサービスが必要となります。

日揮(JGC)は、これまでの豊富な原薬プラント建設実績に基づき、基本構想からクオリフィケーションまでに要求されるあらゆる課題に適切に対応し、オペレーショナルエクセレンス(OPEX)を考慮した原薬プラントの実現をお約束します。

化学合成原薬プラントでは、原料受入から投入、攪拌、反応、濃縮、抽出、晶析、分離、乾燥、充填などの要素技術、機械技術、人動線、物流動線、クオリフィケーション項目を明確にし、最適なプラントを構築します。また、パイロジェンフリー、無菌原薬製造に対しても実績に裏付けされた豊富な技術を提供します。

動物細胞培養、微生物培養を含むバイオプラントに対しても、当社は多くの実績を有しており、原料受入から投入、培地調製、培養、分離、バッファー調製、クロマト、濃縮、充填、包装などの要素技術、機械技術、人動線、物流動線、クオリフィケーション内容を明確にし、高度に自動化されたC/SIP機能を有する最新のバイオプラントを構築します。

主な実績

関連技術・サービス

搬送技術
建築技術
海外支援

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。