1. Top>
  2. 事業情報>
  3. インフラストラクチャー分野

インフラストラクチャー

エンジニアリングの力で世界中の産業・生活を根幹から支える

エネルギーインフラ

エネルギーインフラは、その国のあらゆる産業・生活の根幹となるものであり、その整備は、国の発展を左右する重要な要素となります。特に、人口増加や生活レベルの向上により電力需要の拡大が続く多くの新興国においては、発電設備の整備が喫緊の課題となっています。
当社は、発電分野において、これまで石油、ガス、石炭を原料とする火力発電、原子力発電、バイオマスや太陽光などの再生可能エネルギー発電などを含む、多様な発電設備のEPC 事業に加えて、発電事業者として発電・造水事業、太陽光発電事業も手掛けています。
当社は、世界各地域の特性に応じた電源開発を通じて、各国のエネルギーインフラ政策の推進に貢献しています。

産業インフラ

産業インフラ分野では、非鉄金属の製錬プラント、有機・無機化学プラントなど各種産業インフラのEPC事業や、各種触媒、ファイン製品、ファインセラミックス製品の製造を行っています。
非鉄金属の製錬プラントでは、原子力や化学分野における豊富なプロジェクト経験を通じて蓄積してきた技術ノウハウを応用し、国内外においてニッケルや銅の製錬プラントの建設実績を有しています。
石油精製・ケミカル・環境保全分野の各種触媒、ファイン製品、ファインセラミックス製品などの製造事業においては、新商品・新素材開発に資する技術開発を積極的に行い、世界的な需要拡大に応えています。

社会インフラ

生活の基盤を支え、人々の豊かな暮らしを実現する社会インフラの分野においても、当社は幅広い分野で実績を有しています。ライフサイエンス分野においては、日本国内を中心に医薬品工場、研究所、病院など多くの施設のEPC 事業を遂行してきました。
また、事業投資・運営の分野では、インド・中国における都市開発、カンボジアの病院運営、さらにはロシアでの野菜の製造・販売事業など、多様な取り組みを行っており、交通インフラ分野では空港運営への参入を図っています。
当社は、幅広い社会インフラ分野における取り組みを通じ、世界各国・各地域の人々の生活の質(Quality of Life)の向上に寄与しています。

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。