1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. 動物細胞大量培養/バーサスリアクター®

 動物細胞大量培養

動物細胞培養技術のトップランナー

バイオテクノロジーによる物質生産は近年著しい技術進歩を遂げ、従来の発酵による生産から動物細胞によるバイオ医薬品(タンパク質医薬、抗体医薬、ワクチン)の生産、更にiPS細胞などによる再生医療の領域にまで広がっています。日揮(JGC)は1991年に技術研究所内に動物細胞培養設備を設置以降、動物細胞培養における様々な要素技術の開発、培養槽設計情報の収集を行っており、それらの知見をもとにスケールアップ技術、コンピュータシミュレーション技術を駆使して動物細胞大量培養装置の最適設計・製作を行う体制を整えています。更に、この長年の技術蓄積をもとに、新型の動物細胞培養用バイオリアクターである「バーサスリアクター®」を佐竹化学機械工業株式会社殿との共同開発で完成させました。

当社は、このバーサスリアクター®をはじめ、バイオ医薬品の安定製造や製造プロセスの改善に貢献できる動物細胞培養用バイオリアクターをご提供することにより、お客様の事業に貢献します。

動物細胞培養用バイオリアクター納入実績

  • ・A社: 数10L~数1000L規模培養装置
  • ・B社: 数10L~数100L規模培養装置
  • ・C社: 100L~約1000L規模培養装置(付着細胞)
  • ・D社: 数10L~数100L規模培養装置
  • ・E社: 数1000L規模培養装置
  • ・F社: 数1000L規模培養装置

バーサスリアクター®の特徴

当社と宮崎県工業技術センター殿で共同開発したマイクロバブルの均一分散による高効率酸素供給を可能とする「シラスポーラスガラスフィルター(SPG膜)スパージャー」と、佐竹化学機械工業株式会社殿が開発した低せん断/高効率均一混合ができる上下動攪拌機「ブイムーブミキサー®」の技術融合により構成された、繊細な動物細胞にダメージを与えず、生産性の向上を追求できるバイオリアクターです。

  • ・槽内の邪魔板(バッフル)不要
  • ・メカニカルシール不要
  • ・マイクロバブルによる高効率なガス交換(O2の供給とCO2の除去)の達成
  • ・SPG膜スパージャーによる効率的通気により、細胞到達濃度が向上
  • ・ブイムーブミキサー®による低せん断の撹拌により細胞の死滅が抑制

従来型バイオリアクター / バーサスリアクター

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。