1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. 撹拌槽の最適設計

撹拌槽の最適設計

撹拌槽の最適設計と信頼性の高いスケールアップを実現

撹拌槽内の複雑な流動現象を解析し、内部の状態を明らかにすることは、撹拌槽の設計を行う上で非常に有効です。当社は実証試験、実装置の実績解析に裏付けられた知見に基づき、撹拌槽内の流動解析にCFD(Computational Fluid Dynamics)シミュレーションを活用しています。

この解析技術によって医薬品製造に使用される有機合成反応槽、培養槽、晶析槽、調剤槽など種々の撹拌槽の最適設計と信頼性の高いスケールアップを実現しています。

特長

  • CFDシミュレーションにより、以下の項目を解析して設計します。
  • ・撹拌槽内の翼、邪魔板などの複雑な構造物形状
  • ・通気撹拌槽におけるガス吹込みによる液体へのガスの溶解、分散状態やホールドアップ
  • ・反応槽における化学反応種の濃度分布など
  • ・固-液系、液エマルジョン系における粒子の分散状態など
  • ・撹拌槽内流動と培養モデルとの連成シミュレーション “インシリコカルティベーション®

適用事例

  • (1) 高粘性流体の混合特性と動力推算
  • (2) 酸素通気撹拌槽における酸素の液溶存量と分散状態
  • (3) 液中の固体粒子の分散状態
  • (4) 旋回渦流れによる液自由界面の形状と表面積
  • (5) 撹拌槽内の培養
  • (6) 撹拌槽内の構造物、翼形状による流動への影響

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。