1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. スーパーセメント(SC)固化プロセス

スーパーセメント(SC)固化プロセス

放射性廃棄物・有害廃棄物の高減容固化プロセス

日揮(JGC)が開発したSC(Super Cement)固化プロセスは、緻密な高炉スラグを固化材としたセメント固化プロセスで、放射性核種や有害金属の閉じ込め性能に優れています。このプロセスでは多量の廃棄物を含む高い減容率の固化体を作製でき、かつ高強度を実現しています。SC固化プロセスは、放射性廃棄物以外に重金属などの有害廃棄物の処理にも適用可能です。

スーパーセメント(SC)固化プロセス

100 Lサイズのパイロット試験装置

スーパーセメント(SC)固化プロセス

流動性の高いセメント混練物

特長

  • ・放射性廃棄物処分基準に見合う固化体を作製できます。
  • ・1種類の固化材で様々な廃棄物を固化できます。
  • ・簡単な設備構成で、設備費低減化を実現しました。
  • ・高減容化が可能で、処分費低減化(従来セメント固化の1/2)を実現しました。
  • ・機器の洗浄が容易です。

適用

原子力関連施設

  • ・濃縮廃液、イオン交換樹脂、焼却灰、HEPAフィルタ、ペレット、グラニュールなどのセメント固化

再処理施設

  • ・濃縮廃液、リン酸カルシウム、焼却灰などのセメント固化

一般環境関連

  • ・焼却灰、重金属含有廃棄物などのセメント固化

実績

  • ・国内原子力施設向け、実設備1基

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。