1. Top>
  2. 事業情報>
  3. テクノロジー・イノベーション>
  4. 水銀除去プロセス

水銀除去プロセス

天然ガスコンデンセート、ナフサ、LPGなどの液体油から極低濃度レベルまで水銀を除去する技術です。日揮が開発し、米国UOP社と共同でライセンスしています。すでに国内外で多数の実績を挙げています。本プロセスは、井戸元での水銀除去およびエチレン製造や接触改質の原料の水銀除去に使用します。(A)吸着、(B)分解+吸着、(C)分解+ストリッピング+吸着の3種類のプロセスを用意しており、対象油によって最適なものを選定します。

特長

  • ・A, B, Cのいずれかのプロセスを選定することにより、あらゆるタイプの水銀除去が可能です。
  • ・数種の高性能吸着剤の中から最適なものを選定します。
  • ・最終工程の水銀吸着には高性能吸着剤を使い、総水銀を1wtppb以下まで除去します。
  • ・分解工程では水素を利用しないため、コンパクトで、低コストです。
  • ・重質天然ガスコンデンセートに適用できるプロセスCは、現在他に競合する技術がないユニークなプロセスです。

適用

  • ・LPG、ナフサ、天然ガスコンデンセートなどの液体炭化水素に含まれる水銀の除去
  • ・難吸着性の水銀化合物を含む場合も適用可能

実績

  • ・プロセスA: 13基
  • ・プロセスB: 3基
  • ・プロセスC: 2基

受賞

  • ・石油学会技術進歩賞(2003年)

関連情報

  • メディアセンター
    最新のニュースリリース、
    各種ブローシュアなどを
    ご覧いただけます。